ご当地・グルメのブログ

日本・世界のご当地やグルメについていろいろ学んでいます

福岡県のご当地グルメ、「明太子」についてちょこっと学んでみました

 

f:id:irakun0371:20210531095233j:plain

                    (辛子明太子~ウィキメディア・コモンズより引用)

 

明太子は朝鮮半島由来の食品といわれ、日本で食されるようになったのはつい最近のことです。

明太子は、スケトウダラの卵巣を辛子入りの調味料につけたものになります。
 
もともと朝鮮半島から輸入されて、福岡、北九州、下関などの朝鮮半島との交流が盛んな地域で食べられていました。
 
現在、明太子といえば博多が有名ですが、博多明太子が知られるようになったのは、第二次世界大戦戦後です。
 
朝鮮で育った川原俊夫氏(「㈱ふくや」の創業者)が、戦後に博多に引き揚げてきて、朝鮮で食べた辛子めんたいこを独自の加工方法で製品化し、販売したのがきっかけと言われています。
 
その後、日本人向けの味付けが進むとともに評判が高まり、新幹線が博多まで伸びたのをきっかけに、博多名物として全国区の人気ご当地グルメとなりました。
 
 

 


P.S.~博多明太子の食べ比べができる詰め合わせセットや、明太子おつまみの販売!「はかた寿賀や」を紹介
f:id:irakun0371:20210329144546j:plain 


明太子のセレクトショップ、「はかた寿賀や」を紹介。
博多明太子の食べ比べができる詰め合わせセットが、メディアでもとりあげられました。

ご当地の、いろんな明太子が食べられます。

老舗の味あり、新感覚の味あり。
各メーカーの自慢の逸品が詰まった贅沢なセットです。 

おつまみに、ご飯のおかずに、毎日少しずつ味わえます。  
博多の銘店が精魂込めてお届けする味の祭典を楽しめます。

6社セット:2,700円(税抜)
12社セット:5,200円(税抜)
18社セット:7,700円(税抜)が販売されています。

 

f:id:irakun0371:20210329144559j:plain


また、明太子からすみや燻製明太子など、お酒に合う明太子おつまみもあります。
寒い冬にぴったりのめんたい鍋スープも好評です。

ギフト利用も可能となっています。

良ければ下記リンクチェック下さい。

はかた寿賀や|博多明太子の新規購入