いらくんROOMのブログ~一期一会の良品紹介~

良品案件をいろいろ紹介しています

秋田県のご当地グルメ、きりたんぽ鍋についてちょこっと学んでみました

きりたんぽとは、つぶしたうるち米のご飯をすぎの棒に先端から包むように巻き付けて焼いたたんぽ餅を、棒から外して食べやすく切ったもので、秋田県の郷土料理です。
 
鶏(比内地鶏)がらのだし汁に入れて煮込んだり、みそを付けて焼いたりして食べられています。
 

f:id:irakun0371:20210329154758j:plain

 

「たんぽ」の起源は、比内地方(現在の大館市鹿角市周辺)と言われています。

 
山仕事を生業としていた人々が、山中で得た獲物や山菜などと、きりたんぽを煮て食べていたのが、きりたんぽ鍋の起源とされています。
 
きりたんぽ鍋に欠かせないのが「比内地鶏」になります。
 
比内地鶏」は、「さつま地鶏」、「名古屋コーチン」と並ぶ日本三大地鶏の一つです。
 
最大の特徴は肉の味が優れ、脂肪が比較的少なく、山鳥に似て淡白で美味なところで、藩政時代にはあまりの美味しさに年貢として納められていたほどです。
 
秋田 きりたんぽ鍋 だまこ餅入 (4人前)
 

  

 

 にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブロ