ご当地&グルメの学びブログ(by めいさん)

日々のイロイロを雑記しています

宮城県のご当地グルメ、牛タンについてちょこっと学んでみました

 
仙台牛タン焼き(せんだいぎゅうタンやき)は、宮城県仙台に始まった牛タン料理です。
牛タン焼きは昭和20年代、終戦直後の混乱期に誕生しました。
第二次世界大戦後に、仙台にもGHQ が進駐しました。
その際に大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために、1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「太助」初代店主・佐野啓四郎が、牛タン焼きの専門店を開業したことが「仙台牛タン」の始まりです。
 

f:id:irakun0371:20210327200654j:plain

やや厚切りにした牛タン焼きと、麦飯、テールスープ、浅漬け、味噌南蛮(唐辛子の味噌漬け)をともに提供する「牛タン定食」が定番となっています。 
 

 

P.S.~家族みんなが”すまいる”になる!全国の逸品をお届けする通販サイト【一二三まーと】

 

全国豆腐品評会で部門1位になった宮城県蔵王町「はらからのとうふ」、 ふるさと納税サイトで牛たん部門全国1位「はらからの逸品牛たん」、 1イベントで70,000個完売する東京目黒の有名人ご用達中華店の「濃厚肉汁背脂餃子」、 健康のために美味しさを損なわないブランドMicoasの国産天然醸造で作る 「飲む、コ酢メ。ザクロ&ブルーベリー」などなど。。。

こだわりと美味しさで確かな支持を集める全国の逸品を集められています!

一度チェックしてみてください。