いらくんROOMのブログ~一期一会の良品紹介~

良品案件をいろいろ紹介しています

岩手県のご当地グルメ、南部せんべいについてちょこっと学んでみました

f:id:irakun0371:20210322180327j:plain

 

南部せんべい」は小麦粉と塩と水を混ぜて練った生地を、丸い鋳型で焼いた、素朴ながらも味わい深い食べ物です。

名前の由来については諸説ありますが、「長慶天皇創始説」では、「南北朝時代長慶天皇が、八戸地方を訪れた際に、家臣がそば粉と胡麻を自身の鉄兜で焼きあげてお出しした食べ物」が始まりとされています

岩手県のお土産のイメージの南部せんべいですが、青森県でもお土産として売られています。

南部せんべい青森県南(八戸・三戸地域)、岩手県北(二戸地域)どちらでも広く食べられていたようです。

どちらも同じ領地で、繋がりがあったみたいですので、両方の名物・お土産なようですね。

南部せんべいには、基本の白せんべいのほか、胡麻やピーナッツが練り込まれたものをはじめ、イカ・水あめ・チョコなど、ユニークな味のものも豊富にラインナップされています。

 

  

 

 にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブロ