ご当地&グルメの学びブログ

日本・世界のご当地やグルメについていろいろ学んでいます

岩手県のご当地グルメ、南部せんべいについてちょこっと学んでみました

f:id:irakun0371:20210322180327j:plain

 

南部せんべい」は小麦粉と塩と水を混ぜて練った生地を、丸い鋳型で焼いた、素朴ながらも味わい深い食べ物です。

名前の由来については諸説ありますが、「長慶天皇創始説」では、「南北朝時代長慶天皇が、八戸地方を訪れた際に、家臣がそば粉と胡麻を自身の鉄兜で焼きあげてお出しした食べ物」が始まりとされています

岩手県のお土産のイメージの南部せんべいですが、青森県でもお土産として売られています。

南部せんべい青森県南(八戸・三戸地域)、岩手県北(二戸地域)どちらでも広く食べられていたようです。

どちらも同じ領地で、繋がりがあったみたいですので、両方の名物・お土産なようですね。

南部せんべいには、基本の白せんべいのほか、胡麻やピーナッツが練り込まれたものをはじめ、イカ・水あめ・チョコなど、ユニークな味のものも豊富にラインナップされています。

 

 

  

 

P.S.~すべて送料無料!ご当地グルメをいいとこ取りできる【全国津々浦々ライブコマース】

「全国津々浦々ライブコマース」は 全国の生産者さんにバイヤーが直接交渉し、 箱や袋に詰められるだけ商品を詰め込んでもらった お楽しみバラエティパックをライブ配信で販売する「ネット版TVショッピング」です。

産地直送のブランド肉、鮮魚、旬の野菜やフルーツを 時間限定・数量限定でお得に販売。

全国の生産者さんと直接お話し、商品のこだわりポイントや強みなどをお伺いした上で、本当に喜んでもらえる商品企画を独自に紹介しています。

上記リンクよりチェック下さい。