いらくんブログ  ~中年医師、まだまだ長いよ人生は~

50歳半ばの中年男性です。地方で消化器内科医師をしています。いまさらですが、ブログを始めました。細く長く続けるのが目標です。

理想体型に向けた、姿勢の問題について。割と簡単な姿勢改善の試み。

 

理想の体型になるために、姿勢の改善は欠かせません。 

 

ダイエットの目的は体重を減らすだけでなく、理想体型になること。 

 

ダイエットしながら、姿勢の改善も目指しましょう。 

 

いくつかポイントがありますが、いっぺんに直そうとしてもうまくいきません。 

 

姿勢維持も習慣化ですので、段階的に改善していきましょう。 

 

まずはドローインダイエットで出てくる、ドローインですね。 

 

ドローインとは「お腹をへこませたまま呼吸をする」トレーニングです。  

  

お腹まわりの筋肉に負荷をかける、体幹レーニングとして用いられます。 

  

お腹のインナーマッスルの一種である、腹横筋を鍛えるのに特に有効です。 

 

体幹インナーマッスルを鍛えることで、姿勢が改善されます。 

 

寝てても、座ってても、立ったり歩いたりしながらでもできますので、日常生活に取り入れやすのが特徴です。 

 

割と習慣化しやすいトレーニングですね。 

 

続いて意識するのが、お尻を締めることです。 

 

骨盤内のインナーマッスルである骨盤底筋群を鍛えます。 

 

肛門を締めるって表現されたりしますが、自分的には左右のお尻を寄せるようなイメージです。 

  

お尻をキュッと締める感じですね。 

 

腰骨をまっすぐ立てるような感じにすると、さらにお尻が締まりやすくなります。 

 

ドローインとお尻締めで下半身の姿勢は整うのではないかと思います。 

 

まずは下半身から整えましょう 

 

次いで上半身ですね。 

 

デスクワークや、スマホ、パソコンとかしてると、肩のポジションが前になって、猫背になってませんか? 

 

肩甲骨を背骨に引き寄せる菱形筋がうまく働かず、肩甲骨が開いてしまうのが猫背の原因といわれています。 

 

肩甲骨が寄って背骨が伸びると、上半身の姿勢が整います。 

 

長時間のスマホやデスクワークを止められるといいんですがね。 

 

なかなかそういう訳にもいきませんよね。 

 

これには結構いい手があります。 

 

猫背矯正ベルトです。 

 

これ結構効きますよ。 

 

ベルトを締めると肩が後ろに引っ張られ、肩甲骨が締まる感じになります。 

 

結構しっかり締めた状態が、おそらく正しい肩の位置になるのかと思います。 

 

ただ最初からきつく締めると、両脇のところが圧迫されてしんどいです。 

 

やや緩めに締めるところから始めていいと思います。 

 

徐々に矯正していって、最終的にしっかり締められるようになればいいですね。 

 

これで姿勢矯正は完成です。

 

習慣化さえできれば、必ず矯正されます 

 

まずドローイン、ついでお尻締め、そして猫背矯正バンド。 

 

徐々に完成させていく感じが良いのではないかと思いますね。 

 

姿勢改善できたら、すごくかっこよくなりますよ。 

 

体調維持にも役立つと思います。 

 

ぜひ取り組んでみてください。