いらくんブログ  ~中年医師、まだまだ長いよ人生は~

50歳半ばの中年男性です。地方で消化器内科医師をしています。いまさらですが、ブログを始めました。細く長く続けるのが目標です。

糖質制限ダイエットには食べ順ダイエットと豆皿ダイエットの併用するメリット

 

糖質制限ダイエットには食べ順ダイエットと豆皿ダイエットの併用がおすすめです 

 

ダイエットの際、体重を減らす効果として、糖質制限は非常に有効な手段となります。 

 

血糖値の上昇を抑えて、インスリン分泌量がへることから、脂肪がつきにくい体になります。 

 

ただ長期間の継続は、健康面への影響が懸念されます。 

 

ダイエットに関しては、目標が達成すれば、そこで糖質制限を解除すればよいわけです。 

 

一時的な糖質制限は、健康にさほど影響はないものと考えられます。 

 

具体的なやり方としては、主食を減らすことが、一番やりやすいかと思います。 

 

通常の食事自体から、糖質をすべて取り除くってことは難しいのかと思いますので。 

 

主食の量を半分ぐらいにするとか、抜いてしまうとかっていうのがわかりやすいですよね? 

 

その際に食べ順ダイエットと豆皿ダイエットを併用すると、糖質制限ダイエットも継続しやすいのではないかと思います。 

 

通常食事するときって、お腹の減った状態でまず自分の好きなおかず、それにあわせて白米をがっつりと食べちゃいますよね。 

 

で後半になって野菜とか味噌汁食べたりしませんか? 

 

これを逆にして野菜次いで味噌汁から開始するとどうなるか? 

 

まず野菜を食べる量が増えます。 

 

空腹時にまず食べることで、野菜のおいしさをより感じるというか、おいしさを再発見するというか。 

 

お味噌汁はあったかいうちに飲んでしまいましょう。 

 

いつも冷めちゃってから飲んでませんか? 

 

あったかいうちに飲んだほうがおいしいです。 

 

でその後に好きなおかずをしっかり食べる。 

 

最後に白米が残っています。 

 

そうなるとどうなるか? 

 

すでに食欲が満たされているんで、白米そんなに食べられないんですよ。 

 

更にそこで小さい皿(豆皿)にご飯半分ぐらい入れとけば、わずかな白米の量で終了になります。 

 

白米って残しにくいじゃないですか。 

 

昔から残さず食べるように言われてますよね。 

 

通常の皿に入れとくと、ついつい最後まで食べちゃうんです。 

 

だから豆皿にするわけです。 

 

ちなみに豆皿にするのはご飯だけですよ。 

 

最初の野菜なんかは逆に大皿にしていいと思います。

 

白米が食べれないっていう思いを、野菜にぶつ けて、ガンガン野菜を先に食べちゃって下さい。

 

きっと野菜が好きになりますよ。 

 

糖質制限ダイエットは、体重が減るっていう、結果の出やすいダイエット法です。 

 

結果がでれば楽しくなってきてがんばれますよね。 

 

あとは継続ですね。 

 

食べ順ダイエットと豆皿ダイエットを組み合わせることで、糖質制限ダイエットを継続するのが、すごく楽になります。 

 

結果ダイエットの成功につながるわけです。 

 

ぜひ一度お試し下さい。