いらくんブログ  ~中年医師、まだまだ長いよ人生は~

50歳半ばの中年男性です。地方で消化器内科医師をしています。いまさらですが、ブログを始めました。細く長く続けるのが目標です。

健康に精神の安定は欠かせない。禅的ライフのすすめ。

 

ダイエットによって体脂肪が減る。 

 

余分な体脂肪が減ることで体調が改善して、日々のパフォーマンスを上げる。 

 

日々健康的に暮らしていけることに、喜びを感じるようになります。 

 

自分にとって健康的な生活を維持していきたいと、自然に考えるようになるかと思います。 

 

体調が良い状態を保つのに欠かせない要素として、精神面の安定が非常に重要と考えています。 

 

精神の不調が、肉体に影響を及ぼすことは、良く知られています。 

 

私も消化器内科いう仕事柄、そのようなケースによく遭遇しています。 

 

もっともポピュラーなものとして、過敏性腸症候群があげられます。 

 

過分性腸症候群とは、検査を行っても異常がみられないのに、下痢や便秘、腹痛といった症状がみられるものです。 

 

生活習慣の乱れや、精神的なストレスが原因といわれています。 

 

腸脳相関という言葉があるのですが、精神と腸には密接な相互作用があるといわれています。 

 

精神的なストレスの対処法として、瞑想があげられます。 

 

瞑想っていろんなやり方があるのだと思うんですけど、初心者向けのものとして、マインドフルネス瞑想があります。 

 

マインドフルネス瞑想のやりかたは、姿勢良く椅子にすわり、呼吸を意識して何分間か集中するといったものです。 

 

自分も何度かトライしてみましたが、うまく続きませんでした。 

 

なかなか時間がとれなかったり、忘れちゃったりで。 

 

もっと日常生活内で取り組めることがないかなと思って、今試みているのが禅的ライフです。 

 

禅というと座禅がまずは連想されると思います。 

 

これは瞑想とよく似てますよね。 

 

禅というと修行のようなイメージがあると思います。 

 

これだと普段の生活で取り入れるのは難しいですよね。 

 

禅的ライフでは日常の生活で禅的な習慣や考え方を取り入れることです。 

 

無駄を省いた生き方を意識したり、いろんなものに感謝の気持ちを持つといった考え方になります。 

 

食事や家事、掃除などの日常生活や仕事、通勤の際とかのちょっとした合間に無や感謝を意識してみるだけです。 

 

そうすることで、生活しながら、自分と向き合うことになり、精神の安定につながります。 

 

かたくるしく考えることはないと思います。 

 

自分なりの解釈で、自分なりに取り入れてみていいと思います。 

 

自分の生活スタイルにとりいええばいいのですから。 

 

自分の生活を変える必要はないと思います。 

 

あと禅語ってありますよね。 

 

禅の精神を端的に語ってくれてます。 

 

自分の心に響くものを選んで、意味を考えるのもいいかもしれませんね。 

 

たとえば「日々是好日」 

 

どのような日でも毎日は新鮮で最高に良い日だという意味です。 

 

なんか日々のストレスが軽くなる気がしませんか? 

 

自分はまだまだ初心者ですが、これから少しずつ勉強いて、日々禅を感じながら、自分のものとして理解できればなーと思いますね。 

 

心の拠り所になってくれるような気がします。